春だ!4月だ!でも、フィラリア検査はまだ早い!

皆さんのおうちにも来てますか?うちには3月末ごろ届きました。

a0340852_17051280.jpg


ハガキが来たからそろそろ行った方がいいのかな?と思っている卒業わんのいぬ親さん、ちょっとお待ちくださいね。




予防の前には必ずフィラリア検査をするように言われますよね。
フィラリア検査に求めるのはどちらですか?

(A) ざっくり大体の結果がわかればよい
(B) できるだけ正確な結果が知りたい

もちろんB!ですよね。102.png

では、この質問だったらどうでしょうか?

(A') 病院が混む時期はいやなので、空いているときに行ってざっくり大体の結果がわかればよい
(B') 病院が混む時期でもしかたないので、できるだけ正確な結果が知りたい

…となると、A'の人もいますか?119.png


4月に行こうと思っている方の中には、「5月に入ると病院が激混みだから」という方もいるかもしれませんね。事情によってはそれも仕方ないのかもしれませんが、できるだけB’であってほしいと願っています。

普通におうちで飼われている犬がこの時期に行う「フィラリア検査」は、昨年の感染シーズンに感染があったかどうか、を判定するものです(昨年も陽性のコであれば、それまでの感染も判定に含まれます)。フィラリア検査が他の検査と異なるのは、フィラリアの感染には季節性があるということです。だから、「どの時期に受けても結果の信頼性は同じ」「早ければ早いほどよい」というものではないのです。

では、できるだけ信頼性の高い結果を得るにはいつ検査に行けばいいのか?
保護犬のフィラリア検査とその結果について」の2を読んでくださった方はおわかりと思いますが、フィラリアの検査キットで正しく判定できる*のは「感染終了日に感染があったと仮定して、その幼虫が成虫になっているであろう6か月経過以降」です。
(*検査キット自体の精度限界については上のリンクの1に説明しています。)

製薬会社のデータ(参①)によれば、この15年間の中で一番遅い推定感染終了日は関東エリアでは11月上旬~中旬です。ではたとえば、11月1日に感染したとしたら、丸々6か月経過するのは? 5月1日、ですよね。なので、4月に受けた検査では、11月に感染していてもわからないと思ってください。

…ということを、本当は病院で伝えてくれないといけないと思うのですが、まあ、そんなことは伝えないでしょうね。「12月まで薬を飲んでいるから大丈夫(11月に感染があっても駆虫できている)」ってことなんでしょう。

でも、それだったら「しっかり12月まで予防薬を飲ませているコは去年感染しているはずがない」わけで、検査する必要がないってことになります。予防薬を与えていたとしても、しっかり吸収されていたかどうか、見ていないところで吐き出して無効になっていなかったか、それを確認するための検査なのに、それはおかしな話ですよね。

病院から3月末や4月初めにハガキがくるのは、ぶっちゃけ事務的な都合でしょう。だって、かかりつけにしている患者犬がぜ~んぶ5月にフィラリア検査しに来たとしたら、待合室はすごいことになりそうですから。「混むのがいやだったら4月にドゾー」みたいなことなんでしょう。A'を取るかB'を取るかの判断は、飼い主さんに任されています。

なので、ハガキは忘れないように取っておいて、でも
フィラリア検査はできるだけ5月に入ってからにしましょう!

【参考サイト】

①DSファーマアニマルヘルス株式会社 疾病解説シリーズ 犬フィラリア症 関東エリア




[PR]
by shibainukazoku | 2017-04-10 22:30 | From柴犬家族Toいぬ親さん

けんきち&ふうきち&ナツと卒業わん


by kenkichi48