【卒業犬通信】ウェハ、半年!(華ちゃん≪ウェハ≫)

1月23日に卒業した華ちゃん(ウェハ)。いぬ親のKさんが毎月お便りをくださるので、ニヤニヤしながら読ませていただくばかりでうっかりしていました。7月で半年になりましたね。^^



華ちゃん最新写真~♪
a0340852_22373712.jpg

華ちゃん部屋は六畳間! おトイレも広めです。^^



7月には初めてのご家族旅行で八ヶ岳へお泊りドライブに行かれたそうですが、往路でいきなりのアクシデントが!

「車のファンベルトが切れてJAFを呼び1時間ぐらい高速道路の脇のせまーいスペースで待つことに」


こ、怖い!
a0340852_22454497.jpg



ディーラーさんで修理中もわんこは中に入れず…

a0340852_22470460.jpg


梅雨明け前の信州でも長時間となると暑さが心配ですが、首に巻く保冷剤を持っていたので、熱中症にもならず乗り切ったそうです。まさに、備えあれば憂いなし!


道中は大変だったけど、さわやかな早朝の散歩やおやつの高原ヨーグルト、楽しいこともたくさんあったようですね。


a0340852_22522458.jpg



小学生の団体さんと一緒になったときはブルブル震えちゃったそうですが。

a0340852_22522430.jpg


「元気に乗り切れて幸せでした。感謝です。」と奥様。




でも、おうちが一番かな~!?

a0340852_18042509.jpg
a0340852_18042569.jpg



半年経って、犬のお友達もでき、動物病院にもサロンシャンプーにも慣れて、ぐんぐん進歩している華ちゃん。でも、どんなコでも油断したころに事故や迷子が出てしまう例が本当に多いです。

K様、これからも華ちゃんのビビりに気長に付き合ってくださいね。よろしくお願いいたします!



[PR]
# by shibainukazoku | 2016-08-12 18:51 | 卒業犬

リードの持ち方(左手編)

「散歩で犬がぐいぐい前に出て困っている」という話を連続していぬ親さんからうかがいました。


リードは両手で持っていただいていますよね? 左手でコントロールできていますか?

a0340852_21153397.jpg



もしかして左手がこういうことになっちゃってませんか?
(握った親指側から犬のほうへリードが出ている)

a0340852_16075497.jpg



お試し散歩ではこうでしたよね。(小指側から犬のほうへリードが出ている)

a0340852_16075499.jpg


たいていの方は「持ちにくいなあ…」という顔をされます。「自己流なんじゃないか?」と思われていたりして…。ち、違いますよ(汗)

トレーナーさんやスクールのサイトで「リードの正しい持ち方」を検索してみてください。持ち方のバリエーションはあっても、犬に近いほうの手は「小指側から犬のほうにリードが出ている」はずです。


Y字リードで左手を添える時も同じです。1本をショルダーリードなどで体に固定している場合は、こうして片手で持ってもいいですね。

a0340852_16094121.jpg



トレーニングの動画を見ていると、生徒さんが逆に持っていても教えてあげないトレーナーさんもいて「なんでかなー?」と思うんですが、こちらのスクールの動画にはきちんと指導なさっている場面があったのでリンクさせていただきました。(ちょうど柴犬だしね!)


リードが親指のほうから犬につながっていると、「綱引きの綱」や「掃除機のホース」みたいで、自然と犬を前に歩かせることになりませんか?その結果、犬が強く引いたとき腕を持っていかれて、コントロールが効きづらいです。

a0340852_16145060.jpg


多頭の散歩やロングリードを使う散歩で(そういうメソッドのトレーナーさんがいらっしゃるらしいです)、あえて前を歩かせるときはこれが自然なのかもしれません。



小指のほうからリードが出る場合、犬は下(足元)につながっている感じです。「スキーのストック」のイメージかなぁ(もっと覚えやすいたとえはないものか)。

a0340852_16145555.jpg



「犬が引っ張ったら立ち止まる」は散歩の基本ですが、これで小指のほうに力を入れて立ち止まれば、引っ張りっこにならずに少ない力で止まると思います。

逆に、この持ち方で前を歩かせようとするとと違和感があります。「ストックのように持つ」ことで「犬は人の横につけて歩かせる」のを意識することができます。



また、「綱引き持ち」で軽く合図しようとして、「思ったより強く引いてびっくりさせた」ことはありませんか? 腕全体を振ってリードを引いてしまうと力加減が難しいし、「手首を痛めますよ」と、セツコのトレーニングを受けた時に「まめちゃん」のトレーナーHさんに言われました。


「ストック持ち」だと、リードをいったん緩めて引いたときにトンと当たる強さを小指の後ろに感じながら、優しく合図を伝えられると思うので、試してみてください。

a0340852_18020750.gif


私もHさんに持ち方を注意されて初めて知ったので、預かり初期のころや譲渡時にお散歩ができなかったコの場合、お伝えしていなかったです。040.gif

目的にかなった持ち方をすれば、犬にも人にも優しく散歩できるので、今からでもぜひ取り入れてみてくださいねー。078.gif(←ぴったりのアイコンあったー!)


こちらのスクールの動画も対比がわかりやすくてよかったです!045.gif


[PR]
# by shibainukazoku | 2016-08-10 18:45 | 犬具その他

けんきち&ふうきち&ナツと卒業わん


by kenkichi48